かみさまのおくりもの

「神の愛 愛の神としてそなた伝えよ」
事代主神様からいただいたお言葉を胸に
ご訪問いただく方の心に響くよう、
大切に「ことのは」を綴っています。

| TOP | PROFILE | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVES | LINK | OTHERS |
過去のリソースが結ぶ「形」

ひと昔前にお人形の衣装を手作りしていた名残で、私のクローゼットの中には大量の生地やレース、謎の金属パーツ類が収納されています。

 

いっそまとめて全部処分しようかと考えたこともしばしば。

 

「不要なものを手放すと、本当に必要なものが手に入る」
実際にその通りなので、手放してもよかったのです。

 

今後またお人形の衣装を作る予定はまったくありません。
なのに、どこかで、手放すことにストップをかける自分がいました。
(今思えば、未来の私の声ですね)

 

その私がいたおかげで、自分自身のエネルギーを高めてくれるお財布や、そのお財布に付随してバッグやポーチ、手帳カバーや名刺入れなど、「創りたい!」と思ったものを形にするための素材がすべてクローゼットにそろっていたのです。

 

15.jpg


その素材たちは言うなれば「過去の遺物」
使おうと思ってそろえたけれど、使わないまま、使えないまま、しまい込まれたもの。

 

けれど、当初の目的とは違うところで、それらを最高に活かせる機会が未来にやってきたのです。

 

「こういう形を創る」
という自分自身の強い意図が核となった時に。

 

 

「こういう形を創る」と自分に宣言することで、私の中に集積された素材が「使えるものがここにある」と主張してくれます。


それは手芸用の素材についても、これまでの人生で培った知識、経験、人間関係などについても同じこと。

だからそれを活かせばいいのです。

 

「意図」と「行動」が物質世界で「形」を結びます。

 

 


今回は、時空力養成講座東京合宿でいただいた「アンク」を収納する、ちょっぴり高級感あふれる素敵なケースを創りたいな♪と、クローゼットの中の素材たちに呼びかけてみました。

 

即座に思い浮かんだのはバーガンディーのベルベット生地。
そして、金色の渦っぽい装飾用のブレード。

 

私のアンクにはぴったりの素材です。


このグレードの生地を使うとなれば、箱本体に使う厚紙もそれにふさわしいもので組み上げたい…ということで、札幌ではお馴染みの手芸店、カナリヤへ行きました。

 

カナリヤはカルトナージュ用品も扱っているので2ミリ厚のカルトン(厚紙)を購入。
素敵な留め金具も見つかりました。

 

半日ほどかけて形を結んだのがこちらです。

 

02.jpg

 

思い描いた理想の形を既存のもので探すより、自分で創り上げる方が私には向いているのかもしれません。

 

 

03.jpg

 

作品を創作している時、こんなメッセージがいつも自分の中から湧き上がってきます。

 


望む形を結ぶための素材は、私の世界に満ち足りている。
だから、どんな形を結びたいのかを明確にして強く意図しなさい。

 


数時間前までは私の頭の中にしか存在しなかった像が、現実世界でも形を結ぶ。

 

私にとっての創作活動は、思い描いたもの(状況)が現象化する、それが潜在意識レベルで当たり前になっていく感覚をつかむための楽しいレッスンのような位置づけでもあるのです。

理想が形となって現れるというリアリティーの小さな積み重ねですね。

 

これは作品を創作するという体感を通して、望む未来を具現化するエネルギーの使い方を体得しているということ。

 

私たちは、作品を創作するのと同じように、自分自身の人生も創作しているのです。

| 00:34 | 時空力メソッド | - | - | posted by 蒼(あおい)



 セッション詳細は
 『メニューページ』から
 ご覧いただけます


左上 右上
左
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
右
左下 右下
| 1/269 | >>