大好きな神社にお嫁入りしました。

私の人生で初めて父から与えられた本は、

 

「いなばのしろうさぎ」

「おおくにぬしとすせりひめ」

 

あまりにも劇画タッチのイラストで、

物心つく前の幼児に買い与えるには

いかがなものかと、

成長してから何度も思ったものです。

 

 

けれど、これらの本を与えられたことは、

私の人生の方向性を教えてくれる

大きなシンボルだったのです。

 

 

今生の私が成し遂げる使命のひとつは

「神様のおそばで人々の幸せに貢献すること」

なのだと実感しています。

 

 

過去の出来事のすべてが、

大きな流れの中で

ひとつひとつ

必要な段階を追って

 

現在の私と

私の世界を形づくってきました。

 

 

どんなに苦しいことも

どんなに悲しいことも

どんなにうれしいことも

どんなに楽しいことも

 

そんな感情を

麻痺させてしまったことも

 

本当の自分がなにをしたいのか

わからなくなってしまっても

 

被害者であることを

選び続けていた日々も

 

生きることをやめて

もう光に還りたいと

願い続けていたことも

 

 

すべてが

【今】につながるために

必要な体験であり、

 

なにひとつ

不要な出来事など

ありませんでした。

 

 

神社に嫁がせていただく

流れとなり、

これまでの体験のすべてが
「現在」に
そしてこれから拓いていく「未来」に
つながっていたのだと
強く深く実感しています。

 

 

 

今、振り返ってみれば、

人生の転機と感じる時には

大国主命さまのお力添えがありました。

 

 

職場と自宅の往復、

仕事しかしていなくて

心が置き去りになっていた時期に

出雲大社に導いていただいたこと

 

「私が家族を守らなければ」

と思い込んで

実家から離れられなかった私が

 

北海道神宮のおそばに

自宅兼セッションルームとして

最適な場を与えていただけたこと

 

次々と必要な場や機会、

キーパーソンとの

ご縁を結んでいただけたこと

 

 

そして、今年6月。

 

大国主命さまの御子神

事代主神さまがお祀りされている

 

私の大好きな虻田神社に

お嫁入りすることができました。

 

 

P1010789.jpg

 

結婚式はもちろん虻田神社での神前式です。

 

50段の石段を

朱傘をさしていただき、

巫女さんに手をとっていただきながら

白無垢で一段一段あがります。

 

P1010807.jpg

 

祭主は宮司である

お義父さんが行なってくださいました。

 

このことが

私にとってどんなにうれしいことか

おわかりいただけることと思います。

 

P1010815.jpg

 

この人生で、三三九度を体験させていただける日が来ようとは。

 

P1010816.JPG

 

このような形で実の父母に親孝行が叶うなんて、

一年前の私には想像もつかないことでした。

 

P1010844.jpg

 

衣装、かつらは、着付とメイクも含め

神社のすぐ近くの美容室にお願いしました。

 

コンテスト受賞経験のある

プロの美容師さんです!

 

1500291237354.jpg

 

この画像を覚えていらっしゃる方も

多いと思います。

 

昨年2017年7月17日の月次祭で

ご朱印帳留めを納めさせていただいた時の

画像です。

 

P1010810.jpg

 

それから一年経たずして。

 

P1010824.jpg

 

同じ場で挙式し、

神様に誓詞を

お伝えすることになったのです。

 

 

 

 

この奇跡的な流れは、

これから少しずつ

みなさまにお伝えしていきます。

 

 

 

私の引越先は洞爺です。

虻田神社の御近所が新居です。

 

 

これまでは仕事上、

「蒼(あおい)」と

名乗ってまいりましたが、

 

これからは

「野々村 蒼」として

活動していきたいと思っています。

(本名は和恵ですが)

 

 

時空力コンサルタント

養成講座2期に引き続き

3期も受講中の私ですので、

 

この洞爺の地、

神社の神聖な波動の中で、

 

自身の存在理由である

ZEROの作成も含めたセッションと

貴石箱の製作を続けながら

 

神様に、

そして地域のみなさまに

ご奉仕させていただきます。

 

 

今後もどうぞよろしくお願いいたします。